HOME > 給食とおやつ

めーぷる保育園 給食&ファーム

食育を大事にするめーぷる保育園の給食と食育メッセージをお伝えします。
また、めーぷるファームの無農薬の畑と旬な食材情報もお届けします。

食事のマナー

 

さぁ、九月になりましたね。

9月初めから今日までの給食メニューを

ご紹介します。

 

黒米入りごはん

車麩の煮物

わかめとツナ和え

茄子と玉ねぎとゴマの味噌汁

 

とうもろこしごはん

ハッシュドビーフ

粉ふきいも

きゅうりと茄子の梅風味漬け

オクラのスープ

 

おやつ:ミルクゼリー、

パイナップルのせ、クラッカーを添えて

 

さばそぼろ丼

小松菜とコーンとえのき茸の和え物

トマト

かぼちゃとしめじと玉ねぎの味噌汁

 

おやつ:梨とうすやきせんべい

 

麦入りごはん

ポークビーンズ

ブロッコリー

もやしとソーセージのスープ

 

おやつ:桃入りゼリー

かんぱん

 

雑穀入りごはん

豆腐の真砂揚げ

根菜の煮物

まいたけとわかめの味噌汁

 

おやつ:人参ケーキ

 

子どもの食事についての話を聞いていると、

守ってほしいマナーが違ったり、

食べてほしいものが違ったり、

子どもにどんな風に食べてほしいか、

結構、人によって違うんですね。

 

家族として同じテーブルを囲むとなると、

大人同士でも歩み寄りが必要になりますが、

子どもと一緒となると、もっと色々な配慮が必要になりますね。

 

ただ、子どもは成長途中というのが、

私たち大人と大きく違うところで、

その子の、今、できること、

今、食べれるものは、

大人が守ってほしいマナー以上に

大切なものがあります。

 

この食べ物が食べたいと思ったときに、

ぱっと手がでる。

手づかみで口に運ぶ。

もぐもぐ食べる。

ちょっと食感が気に入らなかったので、

べーっと出す。

でも、もう一度、手を伸ばして食べてみる。

 

こういう一連の行動は、その子の心と身体の発達を

ぐぐっと進めます。

五感を総動員しての行動です。

子どもは自分に必要なものが分かっているともいえます。

 

これを、大人が散らかるのが嫌だからと言って、

手を出さないようにしたり、

べーっと出さないように

なんでも食べれるようにと無理矢理食べさせては、

その子の意欲、感情が閉ざされてしまいます。

 

子どもは、大人を小さくしただけではありません。

別の生き物です。

こどもという本能の時代を十分に味わってこそ

生きる力をもった大人になります。

 

マナーを子どもに教えようと思ったら、

大人がさりげなく、自分が守りたいマナーを守って、

過ごしていればいいと思います。

だんだん、だんだん、大きくなりながら、

その家なりのマナーが身についていきます。

大丈夫です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • -
  • -
  • -